子供に好かれる方法

大人のコミュニケーションと同じ

*

子供と仲良くなる方法とは? – 大人のコミュニケーションと同じ

子供に好かれるには、子供目線で一緒に遊ぶこと、また子供目線で話をすることが大事です。

例えば幼稚園児の小さな子供であれば、一緒に電車ごっこをして遊ぶとか、肩車をしてあげるとか。

小学生であれば一緒にゲームをしたり、球技をしたりとか。

中学生や高校生であれば、将来の話とか、学校の話とか。

 

よく子供と一緒に砂場や水遊び場で遊ぶんですが、他の大人は見ているだけです。

一緒に遊んだりしてくれるような大人がどんどん減ってしまっているわけですね。

汚かったり、面倒くさかったり、そういったことで遊ばない人が多くて、その分子供のような大人が減っているように感じます。

 

そして子供には上から目線で話すような人も多く、同じ立場で会話をする大人や親が少ないようです。

宿題をしなさいとか、ちゃんと掃除してとか。

上から言うだけでは、子供はやってくれません。

 

子供に好かれるというのは、子供の目線で話をするという事です。

大きな声を上げて怒ったりとか、いきなりズカズカと話をしたりしていてはダメです。

 

例えば、大人ではどうでしょうか?

いきなり大きな声でしゃべる人は、うるさいし怖いですよね。

また仲良くもなってないのに、いきなり声をかけてきたら気持ち悪いですよね。

 

全て子供と同じです。

子供でも、立派な一人の人間なので、子供だからという意識は持たずに、大人のコミュニケーション方法を持ってくれば、嫌われることはありません。

後は肩車したり、おんぶしたりすれば速効仲良くなることが出来ます。

 

子供でも大人でも一緒です。

真剣に相手と話をし、目をみて向き合う。

そして心が開く前には、土足で入りこむような事は控えましょう。

 

http://xvideo.red/peepingeyes/

公開日:
最終更新日:2016/05/11